黒 執事 葬儀 屋 ネタバレ

発行者: 20.09.2021

オセロは死神派遣協会の「お上」が派遣した死神 オセロは 死神派遣協会のお上により直々に派遣されたイレギュラーな死神 です。 調査目的は勿論「死者蘇生を施す主防犯」について。 死神派遣協会は豪華客船編にてグレルとロナルドから葬儀屋についての具体的な報告を受けていたことから、 最終的に葬儀屋と対峙する可能性を見越してオセロを派遣した と考えることが自然です。 このことから、オセロはやはり武力以外の何かで、葬儀屋をも蹂躙できるほどの力を持っているのではないかと考察します。.

詳しくはこちらの記事にまとめてあります! www.

考察 葬儀屋はやはりオセロのことを知っていた 葬儀屋 「ヒッヒ 引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる. オセロの言葉の可能性 またオセロの 「どこかで見た顔だな」は非常に曖昧な言葉であるため様々な解釈が可能です。 私はヴィンセントと会っていた場合を検討しましたが、他にも下記のような伏線を意味している可能性があります。 オセロのセリフの真意 ・ヴィンセントが死神になっている可能性 ・死んだ真シエルの走馬燈劇場を死神図書館で見ていた可能性 ・クローディア・ファントムハイヴと面識があった可能性 ・葬儀屋と坊ちゃんの血縁関係を匂わせる伏線である可能性 ・レイチェルの走馬燈劇場を死神図書館で見ていた可能性 黒執事の世界で男の子は母親に似ることから このオセロのセリフが何らかの大きな伏線であることは間違い無いと思います。 その場合、 上記のうちのどれかが当てはまる可能性があるのではと考えています。.

ファントムハイヴ家は燃やされている ファントムハイヴ家は ヴィンセント、そしてレイチェルの遺体が 中に残されたまま屋敷に火を放たれました。 先ほども画像で上げた通り、 葬儀屋の証言ではヴィンセントの遺体は骨の髄まで焼けてしまったため いうなれば火葬された状態 であることが分かります。. 結局いくら忠犬キャラを演じた所で、悪魔は坊っちゃんの魂を絶望に染め食べることしか考えていない。なので葬儀屋は 「 やっぱり 君は伯爵を不幸にしかしないみたいだ。」 と言います。.

豪華客船編では葬儀屋がセバスチャンの走馬燈を暴いたことによって 坊ちゃんとセバスチャンの具体的な契約内容 、そして セバスチャンの本心 が明らかになりました。.

… …. 613 .

  • 今回の葬儀屋が爆笑したオチは読者への小さな ミスリード であり、 実際にオセロの力が発揮されたとき、それは 葬儀屋をも封じ込めることが出来るものである 可能性が高いと強く感じています。.
  • このように考えると、 実はファントムハイヴ家襲撃事件には、 ヴィンセントが死後、死神になれる条件をいくつかクリアできる状態だった ことが浮かび上がってきました。. 葬儀屋 「前から興味あったんだよねえ…害獣風情が何故お着せで執事なんかしてるのか。見せてもらうよ。君の走馬燈。」 黒執事第61話「その執事、誕生」より引用.

黒執事のシエルは双子だった?回収済みやその他伏線を考察

引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. しかも、ヴィンセントの友人であるディーデリヒが お前が俺より先に死ぬクチか? と言うように、 非常に切れ者であるはずの先代女王の番犬が素直に殺されてしまうことも違和感が残ります。. 引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる.

com 葬儀屋からセバスチャンに対する「坊ちゃんを預けてもいいかを試すテスト」 悪魔が坊ちゃんの側にいることをずっと「黙認」してきていた葬儀屋 「黙認」はしていたが「信用」はしていなかった葬儀屋 セバスチャンと坊ちゃんを引き離しに来た「青の教団編」 まとめ 葬儀屋からセバスチャンに対する「坊ちゃんを預けてもいいかを試すテスト」 結論から申し上げますと、 葬儀屋がセバスチャンの走馬燈を覗いた理由は、 セバスチャンに坊ちゃんを預けていても本当に問題ないかを試すための葬儀屋からのテスト であった可能性があります。 そしてそのテストの結果が、 青の教団編での葬儀屋と兄シエルの行動に反映されている可能性 があります。 具体的に考察していくため、まずは当時の葬儀屋の発言を紐解いていきたいと思います! 悪魔が坊ちゃんの側にいることをずっと「黙認」してきていた葬儀屋 まず大前提として、 葬儀屋はセバスチャンの正体が悪魔であることをずっと前から知っていました。 その事実を知りつつも、葬儀屋は 坊ちゃんの側に悪魔がいることを 黙認 し続けてきていました。 何故葬儀屋は今までセバスチャンを黙認し続けていたのでしょうか? その理由として考えられるものは以下の通りです。 ・悪魔が坊ちゃんを襲う様子が無かったから ハリーポッター ドビー 靴下 ・今のところ坊ちゃんが悪魔の手綱を握れており、その力を利用することが出来ているから 葬儀屋自身も人外です。 その為、 悪魔の力がどれだけ強大かは十分わかっていたはずです。 だからこそ、葬儀屋は悪魔の力をやみくもに危険視し坊ちゃんから取り上げるのではなく、 その力を坊ちゃんが操れている間は葬儀屋もそのメリットを汲み、セバスチャンの存在を黙認していた可能性 があります。 しかし逆に言えば、 これらのどれか一つでも違えた場合には、葬儀屋はセバスチャンが坊ちゃんの近くにいることを許すつもりが無かった 可能性があります。 ではなぜ今まで黙認してきていたのでしょうか? それは、 葬儀屋がセバスチャンの本心を探れるタイミングが、豪華客船編までなかったから です。 その為葬儀屋は、豪華客船編でセバスチャンの走馬燈を覗くまで、 セバスチャンの存在を 黙認はしていたものの、信用はしていなかった 事が分かります。.

自殺だった場合、死神となる条件が満たされる 以上の事から、 ヴィンセントが自殺していた場合、 死神になる条件が満たされていた ことが分かります。 ファントムハイヴ家襲撃事件に人外が関わっていることは確実となっていますし、自らの死を予感したようなヴィンセントの生前の発言も気になるところで、まだまだ謎が多いのも事実です。. 罰ゲームセリフ 自分の中で疑問として存在した悪魔の本性と現在の坊ちゃんへの忠誠のギャップを解消する為にセバスチャンのレコードを再生した ことが分かります。.

  • そしてその結果、セバスチャンがやはり最終的に坊ちゃんを不幸にすることを望んでいると知り、今まで悪魔を黙認できていた理由が崩れ 葬儀屋の中でセバスチャンは排除すべき存在になりました。.
  • だからこそ、葬儀屋は悪魔の力をやみくもに危険視し坊ちゃんから取り上げるのではなく、 その力を坊ちゃんが操れている間は葬儀屋もそのメリットを汲み、セバスチャンの存在を黙認していた可能性 があります。.

… 61.

com まだまだ伏線箇所が山ほどあると改めて思い知らされました。 これからも楽しく少しずつ黒執事を考察していけたらと思います! 最後に、今回の記事を書く元となった私のツイートを張り付けておきます。 このツイートのリプ欄に考察が続いています!少々粗削りではありますが、良ければ読んでみてください! 坊ちゃん、セバスチャン、葬儀屋。 この三人は悪魔6のメンバーで読者人気投票ランキングの上位1位~3位のキャラクターですが、 この三人は全員まだ本名が明らかになっていません。.

だからこそ、葬儀屋は悪魔の力をやみくもに危険視し坊ちゃんから取り上げるのではなく、 その力を坊ちゃんが操れている間は葬儀屋もそのメリットを汲み、セバスチャンの存在を黙認していた可能性 があります。. com 葬儀屋からセバスチャンに対する「坊ちゃんを預けてもいいかを試すテスト」 悪魔が坊ちゃんの側にいることをずっと「黙認」してきていた葬儀屋 「黙認」はしていたが「信用」はしていなかった葬儀屋 セバスチャンと坊ちゃんを引き離しに来た「青の教団編」 まとめ 葬儀屋からセバスチャンに対する「坊ちゃんを預けてもいいかを試すテスト」 結論から申し上げますと、 葬儀屋がセバスチャンの走馬燈を覗いた理由は、 セバスチャンに坊ちゃんを預けていても本当に問題ないかを試すための葬儀屋からのテスト であった可能性があります。 そしてそのテストの結果が、 青の教団編での葬儀屋と兄シエルの行動に反映されている可能性 があります。 具体的に考察していくため、まずは当時の葬儀屋の発言を紐解いていきたいと思います! 悪魔が坊ちゃんの側にいることをずっと「黙認」してきていた葬儀屋 まず大前提として、 葬儀屋はセバスチャンの正体が悪魔であることをずっと前から知っていました。 その事実を知りつつも、葬儀屋は 坊ちゃんの側に悪魔がいることを 黙認 し続けてきていました。 何故葬儀屋は今までセバスチャンを黙認し続けていたのでしょうか? その理由として考えられるものは以下の通りです。 ・悪魔が坊ちゃんを襲う様子が無かったから ・悪魔の人外としての力が、坊ちゃんの役に立っているから ・今のところ坊ちゃんが悪魔の手綱を握れており、その力を利用することが出来ているから 葬儀屋自身も人外です。 その為、 悪魔の力がどれだけ強大かは十分わかっていたはずです。 だからこそ、葬儀屋は悪魔の力をやみくもに危険視し坊ちゃんから取り上げるのではなく、 その力を坊ちゃんが操れている間は葬儀屋もそのメリットを汲み、セバスチャンの存在を黙認していた可能性 があります。 しかし逆に言えば、 これらのどれか一つでも違えた場合には、葬儀屋はセバスチャンが坊ちゃんの近くにいることを許すつもりが無かった 可能性があります。 ではなぜ今まで黙認してきていたのでしょうか? それは、 葬儀屋がセバスチャンの本心を探れるタイミングが、豪華客船編までなかったから です。 その為葬儀屋は、豪華客船編でセバスチャンの走馬燈を覗くまで、 セバスチャンの存在を 黙認はしていたものの、信用はしていなかった 事が分かります。.

…… 128… 9…IQ.

私たち読者はこれらを今までの章で知ることが出来ますが、 葬儀屋は良くも悪くも坊ちゃんセバスチャンと距離が遠いため、ここまで明確に悪魔の思考を知ることが出来ませんでした。. com 葬儀屋からセバスチャンに対する「坊ちゃんを預けてもいいかを試すテスト」 悪魔が坊ちゃんの側にいることをずっと「黙認」してきていた葬儀屋 「黙認」はしていたが「信用」はしていなかった葬儀屋 セバスチャンと坊ちゃんを引き離しに来た「青の教団編」 まとめ 葬儀屋からセバスチャンに対する「坊ちゃんを預けてもいいかを試すテスト」 結論から申し上げますと、 葬儀屋がセバスチャンの走馬燈を覗いた理由は、 セバスチャンに坊ちゃんを預けていても本当に問題ないかを試すための葬儀屋からのテスト であった可能性があります。 そしてそのテストの結果が、 青の教団編での葬儀屋と兄シエルの行動に反映されている可能性 があります。 具体的に考察していくため、まずは当時の葬儀屋の発言を紐解いていきたいと思います! 悪魔が坊ちゃんの側にいることをずっと「黙認」してきていた葬儀屋 まず大前提として、 葬儀屋はセバスチャンの正体が悪魔であることをずっと前から知っていました。 その事実を知りつつも、葬儀屋は 坊ちゃんの側に悪魔がいることを 黙認 し続けてきていました。 何故葬儀屋は今までセバスチャンを黙認し続けていたのでしょうか? その理由として考えられるものは以下の通りです。 ・悪魔が坊ちゃんを襲う様子が無かったから ・悪魔の人外としての力が、坊ちゃんの役に立っているから ・今のところ坊ちゃんが悪魔の手綱を握れており、その力を利用することが出来ているから 葬儀屋自身も人外です。 その為、 悪魔の力がどれだけ強大かは十分わかっていたはずです。 だからこそ、葬儀屋は悪魔の力をやみくもに危険視し坊ちゃんから取り上げるのではなく、 その力を坊ちゃんが操れている間は葬儀屋もそのメリットを汲み、セバスチャンの存在を黙認していた可能性 があります。 しかし逆に言えば、 これらのどれか一つでも違えた場合には、葬儀屋はセバスチャンが坊ちゃんの近くにいることを許すつもりが無かった 可能性があります。 ではなぜ今まで黙認してきていたのでしょうか? それは、 葬儀屋がセバスチャンの本心を探れるタイミングが、豪華客船編までなかったから です。 その為葬儀屋は、豪華客船編でセバスチャンの走馬燈を覗くまで、 セバスチャンの存在を 黙認はしていたものの、信用はしていなかった 事が分かります。.

残された疑問点 ・真シエルは葬儀屋とファントムハイヴ家の関係性をどこまで知っているのか ・死神の持つ魂の原理 ・真シエルの魂を葬儀屋はどうやって手に入れたのか ・血液と死者蘇生の関係性 ・オセロの「折檻」の具体的内容 真シエルの魂を葬儀屋はどうやって手に入れたのか これが最大の疑問点であると言えます。 豪華客船編で葬儀屋は「他人の魂を自分のものにできるわけないんだけどねえ」と発言しています。 ましてや 真シエルの魂は悪魔であるセバスチャンによって「渡り賃」として奪われてしまっていたはず なのに、どのようにしてここまで復活させたのでしょうか? 今の真シエルには他人の魂が入っているとも思えません。 このあたりに今回葬儀屋が新たに行ってた「輸血実験」が関わってくるのかもしれませんね。.

死神派遣協会は豪華客船編にてグレルとロナルドから葬儀屋についての具体的な報告を受けていたことから、 最終的に葬儀屋と対峙する可能性を見越してオセロを派遣した と考えることが自然です。. バイオ5玉無限 セバスチャンは現在は坊っちゃんに忠誠を誓ってはいるものの、それは坊っちゃんが手綱を上手く握れている時限定の話であり、少しでも隙を見せたらすぐに手のひらを反す危険性を持っていることが分かります。. 結局いくら忠犬キャラを演じた所で、悪魔は坊っちゃんの魂を絶望に染め食べることしか考えていない。なので葬儀屋は 「 やっぱり 君は伯爵を不幸にしかしないみたいだ。」 ゴールデン ボンバー 名言.

… 64. 613 3 www. www. … … … .

オセロの言葉の可能性 またオセロの 「どこかで見た顔だな」は非常に曖昧な言葉であるため様々な解釈が可能です。 私はヴィンセントと会っていた場合を検討しましたが、他にも下記のような伏線を意味している可能性があります。 オセロのセリフの真意 ・ヴィンセントが死神になっている可能性 ・死んだ真シエルの走馬燈劇場を死神図書館で見ていた可能性 ・クローディア・ファントムハイヴと面識があった可能性 六道輪廻サバイバル 意味 ・レイチェルの走馬燈劇場を死神図書館で見ていた可能性 黒執事の世界で男の子は母親に似ることから このオセロのセリフが何らかの大きな伏線であることは間違い無いと思います。 その場合、 上記のうちのどれかが当てはまる可能性があるのではと考えています。.

ファントムハイヴ家は燃やされている ファントムハイヴ家は ヴィンセント、そしてレイチェルの遺体が 中に残されたまま屋敷に火を放たれました。 先ほども画像で上げた通り、 葬儀屋の証言ではヴィンセントの遺体は骨の髄まで焼けてしまったため いうなれば火葬された状態 であることが分かります。.

葬儀屋 「小生はまだ君のラボで解体されるわけにはいかない」 黒執事第話「その執事、膺懲」より.

… com .


Facebook
Twitter
コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 blogdesandrine.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.